私の自己流食べこぼしの応急処置

curry.jpg

私は子どもの頃からそそっかしく、しょっちゅう外で食べこぼしをしては着ていた服を汚し、恥ずかしい思いをしてきました。

そんな私が自然と編み出した、食べ物の染みを取る方法をお伝えします。

まず、どんな染みも、落とすのではなく叩いて「他の布にうつす」のが鉄則です。

ですから、用意するものは叩くための布と汚れをうつすための布です。

例えば、出先でシャツの胸元にカレー汁かなにかこぼすとします。

そうしたらまず洗面所に直行します。


食べこぼし以外でもそうですが、染みはとにかく即効で対処しないと絶対落ちません!

ですから汚れに気づいた時点で水が使える洗面所に直行する必要があります。

洗面所がないときは、コップの水を使って処理するという方法もあります(私は何度かコップの飲み水を使いました)。

しかし人目があるので、やはり手洗いに行くのが無難です。

さて、水が使えるところに行ったら、シャツの下に手を突っ込み、染みの下にタオルか何かいれます。

タオルがない場合は洗面所においてある手拭用のペーパーを重ねたものでもいいです。

これは染みの汚れうつしようになります。

染みの下にタオルかペーパーをあてたら、今度は手持ちのハンカチかミニタオルの一部を水でぬらして軽く絞ります。

それを使って染みを上からトントントン!と叩くのです。

一通り叩くと、下のタオルに汚れがかなりうつっているのがわかります。

タオルを汚れていない部分に移動させながら、さらにトントントン!と叩きます。

叩いているほうのハンカチに汚れがついたら、これも別の部分をぬらして使いながらさらに叩きます。

これを数回繰り返すだけで、かなり汚れは薄くなります。

もしこれが家でのことなら、薄くなったところに台所洗剤を垂らし、やさしくもみ荒いし、後は洗濯機に入れたらOKです。

しかし外出先では、なかなか洗剤を使うところまでできません。

洗面所にある手洗い用洗剤を使ったこともあるのですが、外出先ではすすぐまでするのが難しいのです。

だから出先では、とりあえず別の布に汚れを出来るだけうつすのが効果的です。

もし下に布をあてないで、そのまま叩いたら汚れが広がるだけです。

必ず下に何か汚れがうつっても良いものをあて、それから水で濡らしたタオルで叩いてください。

これだけでかなりの応急処置になります。



posted by あんちゃん at 19:25 | Comment(0) | ■応急処置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べ物の染み抜きをするには

choco2.jpg

飲み物やソースが飛び散ったり、食べ物をこぼしたりして、衣類に染みを作ってしまうことは少なくありません。

すぐに対処をすれば落ちやすいですが、気づかずに時間が経ってしまうこともあるものです。

では、もし染みを作ってしまったときは、どうすれば落とすことができるのでしょうか。

染みの原因が、ジュースや醤油などの水溶性のものによる場合は、台所用の洗剤を使って染み抜きをします。

具体的には、染みの部分に台所用の洗剤(中性洗剤)をつけてやさしくもみ洗いし、のちに、水で軽くすすぎます。

この段階で染みが取れれば洗濯に、取れなければ漂白作業に移ります。


漂白には、酸素系漂白剤を用います。染みの部分に、綿棒やスプレーを使って漂白剤をつけ、そうしてドライヤーで十秒近く温めます。

必要であれば、この作業を二、三度繰り返します。加熱しすぎると、衣類の色が抜けてしまうこともあるので、染みの部分から目を離さないよう注意して行いましょう。

染みが取れたら、いつもと同じように洗濯をします。

染みの原因がチョコレートといった油性のものの場合は、ベンジン(なければクレンジングオイル)を使って染み抜きをします。

具体的には、歯ブラシなどにベンジンをつけて染み部分をやさしく叩きます。

その後は、水溶性の染みの場合と同じように、台所用の洗剤をつけてもみ洗いし、水で軽くすすぎます。

こうして染みが取れたら、洗濯作業に移ります。

以上のようにして、染み抜きを行います。染み抜きは色はげを招くこともあるので、慎重に行いましょう。

お気に入りであったり高価であったりする服は、速やかにクリーニング店に持っていくのが賢明です。



posted by あんちゃん at 22:56 | Comment(0) | ■食べ物の染み抜き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭でできる! 汗じみの落とし方

汗じみ



タンスやクローゼットにしまっておいたワイシャツやシャツ。着ようと思って取り出してみたら、に黄色い染みができていた、なんていうことがよくありますよね。

さて、この黄ばみ、その予防法と落とし方についてご説明しましょう。

黄ばみの原因は、襟にしみ込んだ汗です。シャツなどについた汗の汚れは、ご家庭の洗濯機で洗剤を入れてしっかりと洗ったとしても、完璧に落とすことはできません。

洗濯機での洗濯は水洗いですが、シャツの生地にしみ込んだ皮脂が水では落ちないからです。

そして、このとき生地に残った皮脂が酸化して、黄ばみとなるのです。黄ばみを予防するには、襟や袖にしみ込んだ汗(皮脂)をしっかりと落とすことです。そのコツは、食器用洗剤を使うことです。

洗濯機に入れる前に、食器用洗剤を襟や袖、脇といった気になる部分に塗り、軽くもみ込むように洗います。

食器用洗剤のコマーシャルでは、油汚れがどれだけ落ちるかということが宣伝されていますが、食器用洗剤の油汚れに強い性質を利用して、皮脂も落としてしまおうというわけです。

普段の洗濯では、このようにして黄ばみを予防しましょう。シャツに黄ばみができてしまった場合は、酸素系漂白剤を使って洗います。

45度くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かし、その中にシャツを入れ、1時間ほど漬け置きしておきましょう。

色物のシャツの場合は、裾の方だけを10秒ほど試しにつけて色落ちがしないかどうか確かめてください。

問題がなければ、そのまま漬け置きしましょう。

酸素系漂白剤は薬局などで手軽に購入できます。ぜひ、お試しください。



posted by あんちゃん at 22:28 | Comment(0) | └ 汗じみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
Tide to go おしっこ おしぼり おねしょ おむつ お客様の声 お湯 ご飯粒 のり みかん みかんの皮 アイロン アルカリウォッシュ アンモニア水 インク ウタマロ ウタマロ石鹸 ウンチ エタノール エンピツ オキシクリーン オキシクリーンマックスフォースジェルスティック オキシドール オシッコ オレンジ カビ カフェラテ カレー カレーライス カンタンナノ カード カーペット ガム ガムテープ クエン酸 クレヨン クレンジングオイル ココア コーヒー サラダ ザウト シャツ シャツのシミ シャンプー シーツ ジャケット ジャム ジュース スパゲッティ スパゲティ スポッとる スモック ソース タバコ ダウンジャケット チョコレート トマト トマトソース トレンチコート ドライヤー ドレッシング ネクタイ ハミガキ粉 ハンバーグソース バター パジャマ ファンデーション ベンジン ペンキ ボールペン ポケット マジックリン マスカラ マニキュア マニュキア マヨネーズ マーガリン ミートソース ラグ ラップ ランチョンマット レモン レモン汁 ロウソク ワイシャツ ワイドハイター 七五三着物 中性洗剤 分泌物 制服 化粧品 卵の殻 口紅 口紅の汚れ 台所用中性洗剤 墨汁 大根おろし 天ぷらそば 天日干し 太陽 小麦粉 応急処置 手荒れ 手間なしブライト 掃除機 木工ボンド 木工用ボンド 朱肉 果汁 染み抜き剤 染み抜き師 歯ブラシ 歯磨き粉 水性ペン 汗じみ 油性 油性ペン 油性マジック 洗剤 洗濯 洗濯石けん 洗濯石鹸 消毒液 消毒用ジェル 液体洗剤 漂白 漂白剤 灯油 炭酸水 焼肉 焼肉のたれ 焼肉ダレ 焼酎 生理 界面活性剤 白ワイン 百合 着物 粉末洗剤 粉末洗剤と液体洗剤 紅茶 絵の具 緑茶 色抜け 色移り 色落ち 花粉 薄力粉 血液 衣類染み抜き 裏技 調味料 赤ワイン 輪ジミ 過酸化水素水 醤油 重曹 鉄サビ 鉛筆 除光液 革靴 靴下 食べこぼし 食べ物 食パン 飲み物 黄ばみ 黒カビ 鼻血