どうしても落ちないガンコな油汚れには住居用アルカリ溶液!

abura.jpg



エプロンや子供用のスモック等に付きやすい「油汚れ」の染み。何度洗っても落ちないし、漂白剤に付けても駄目…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、洗濯用の漂白剤は基本的にはシミの「色素」に働きかけるものであるため、油分を分解しきれていないことが多いのです。そのためシミの色素部分は多少抜けても、油分が繊維の中に留まり、その部分だけが変色したかのようにシミが残ってしまいます。

もちろんクリーニングに出せば落ちることも多いシミですが、わざわざエプロンをプロに頼むのはちょっと躊躇いますよね。こんな時に活躍してくれるのは「洗濯用洗剤」ではなく「住居用」の洗剤です。

中でも台所の換気扇、グリル、五徳などを洗浄するための強力なスプレータイプのものが適しています。一般的な洗濯用洗剤が「中性」であるのに対し、キッチン用の強力な洗剤は「強アルカリ性」。

アルカリは油に吸着して溶解する力が強く、油汚れに対して強い効果を発揮してくれます。軽いシミであれば5%程度の薄めの溶液を作り、タオルに含ませて叩くだけでも十分。

ただ何度も洗濯を重ねても落ちないシミの場合、シミに対して直接スプレーし、優しくもみ洗いをします。この時に強くこすったり、ブラシ等を使わないのがコツ。強アルカリの溶液は生地に対しての効果が強いため、強い摩擦を起こすとその部分だけが色剥げを起こす可能性があります。

シミが抜けたらすぐに水洗いをし、もう一度仕上げに中性洗剤で洗いましょう。なおこの方法は薄い生地の場合、生地自体を痛める可能性があります。

シルク等のデリケートな素材は避けましょう。厚手のコットンやキャンバス素材など、しっかりとした素材に向いている方法です。


posted by あんちゃん at 10:01 | ├ 油染み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手洗い要らず!「油ジミ」を簡単に落とすには「お湯の温度」が決め手

食べこぼし油



食べこぼしやハネなどで出来てしまった「油分の多いシミ」。通常の洗濯だけでは落ちきれず、シミが広範囲に広がってしまったり、シミの周辺部分だけが残るいわゆる「輪染み」になってしまうことがありますよね。

「染み抜き用の洗剤を使っても落ちない!」と思っている人も多いのではないでしょうか?でもこの「シミ抜き」、ちょっと一手間かけるだけで今までの倍〜3倍以上もの効果を発揮してくれるんです。

油のシミに対して重要なのが「お湯の温度」。通常、洗面台やお風呂場等で手洗いをする時、お湯の温度は高くても40℃程度に設定している人が殆どの様子。

ところが油ジミに対して効果を発揮してくれる温度は60℃〜70℃以上であると言われています。高温になればなるほど、油分が素早く溶解し、繊維の内側に残った汚れも全て溶かしててくれるのです。
沸騰したお湯

ポットや鍋などで1リットルのお湯を沸かし、沸騰したところでバケツ・洗面器等に注ぎます。沸騰した100℃のお湯にカップ1杯の水を加える事で、お湯の温度は70℃程度にまで落ち着きます。

夏場の場合にはカップ1杯半程度に水の量を増やします。ここに普段使っている洗剤や漂白剤を入れ、衣類を浸して20分〜40分程度放置しましょう。放置後は通常どおり洗濯機で洗うだけでシミがキレイに落ちてくれます。

なお、この方法に向いているのはコットン・リネン素材などの縮みに強い衣類です。シルクやウール等のデリケートな素材の場合には、高温のお湯に浸すことで縮む可能性が高いのでこの方法は避けた方が無難です。


タグ:
posted by あんちゃん at 09:41 | ├ 油染み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

油が洋服などについてしまった場合は、可能な限り染み抜きに早く取り掛かりましょう

Shirt3.jpg

手についた油などは容易に落とすことができませんが、洋服に油がつくと頑固な染みになります。

油が洋服などについてしまった場合は、可能な限り染み抜きに早く取り掛かりましょう。

時間を少しでも置くと、本当に油などは落ちにくくなってきます。


油が洋服などについた場合には、洗濯を普通に行ったのみでは全くと言ってもいいくらい、ついた染みを消すことができないため、まず洗濯の前に染み抜きをします。

油がついたままの場合には、油が別の洋服などにつく可能性もあるため、十分に注意するようにしましょう。

洋服などについた油の染み抜きの方法についてご紹介しましょう。

まず、お湯に染みになった箇所をつけます。

お湯につけると油は徐々に浮いてくるため、これのみでも油の染みをいくらか落とすことが可能なのです。

それから、染みがついた箇所を台所用の中性洗剤を使用して揉み洗いしましょう。

この時、洋服が色物の場合には、色落ちする恐れがあるため、まず目立ちにくい箇所で色落ちがないかをチェックしてから行うようにしましょう。

そして、揉み洗いを行った後に、洋服ごとぬるま湯などを使用して洗濯を行います。

ほとんどの油の染みをこの方法のみで無くすことが可能です。

しかしながら、万一洗濯が終った後で油の染みがまだ無くなっていないようであれば、同じ行程をまた行ってみましょう。

油というのは、臭いも染みと同じ様に非常に無くなりにくいものですが、揉み洗いを中性洗剤で十分に行うと臭いも十分に無くすことができます。



posted by あんちゃん at 10:07 | Comment(0) | ├ 油染み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
Tide to go おしっこ おしぼり おむつ お客様の声 お湯 ご飯粒 のり みかん みかんの皮 アイロン アルカリウォッシュ アンモニア水 インク ウタマロ ウタマロ石鹸 ウンチ エタノール エンピツ オキシクリーンマックスフォースジェルスティック オキシドール オシッコ オレンジ カビ カフェラテ カレー カレーライス カンタンナノ カード カーペット ガム ガムテープ クエン酸 クレヨン クレンジングオイル ココア コーヒー サラダ ザウト シャツ シャツのシミ シャンプー シーツ ジャケット ジャム ジュース スパゲッティ スパゲティ スポッとる スモック ソース タバコ ダウンジャケット チョコレート トマト トマトソース トレンチコート ドライヤー ドレッシング ネクタイ ハミガキ粉 ハンバーグソース バター ファンデーション ベンジン ペンキ ボールペン ポケット マジックリン マスカラ マニキュア マニュキア マヨネーズ マーガリン ミートソース ラグ ラップ ランチョンマット レモン レモン汁 ロウソク ワイシャツ ワイドハイター 七五三着物 中性洗剤 分泌物 制服 化粧品 卵の殻 口紅 口紅の汚れ 台所用中性洗剤 墨汁 大根おろし 天ぷらそば 天日干し 太陽 小麦粉 応急処置 手荒れ 手間なしブライト 掃除機 木工ボンド 木工用ボンド 朱肉 果汁 染み抜き剤 染み抜き師 歯ブラシ 歯磨き粉 水性ペン 汗じみ 油性 油性ペン 油性マジック 洗剤 洗濯 洗濯石けん 洗濯石鹸 消毒液 消毒用ジェル 液体洗剤 漂白 漂白剤 灯油 炭酸水 焼肉 焼肉のたれ 焼肉ダレ 焼酎 生理 界面活性剤 白ワイン 百合 着物 粉末洗剤 粉末洗剤と液体洗剤 紅茶 絵の具 緑茶 色抜け 色移り 色落ち 花粉 薄力粉 血液 衣類染み抜き 裏技 調味料 赤ワイン 輪ジミ 過酸化水素水 醤油 重曹 鉄サビ 鉛筆 除光液 革靴 靴下 食べこぼし 食べ物 食パン 飲み物 黄ばみ 黒カビ 鼻血