困難な墨汁の染み抜きには素早く歯ブラシ&歯磨き粉で対処する裏技

墨汁のシミ



学校の書道の時間は、危険と隣り合わせと言っても過言ではありません。習字で使う墨で服を汚してしまうと、墨の汚れは真っ黒く染み込み、なかなか落ちませんね。そこでプロに頼もうと思っても、クリーニング店から、断られてしまうという事も多いようです。

墨は性質上、炭素の細かい粒子が服の繊維に深く入り込んでしまいますので、汚れが簡単に沈着してしまいます。こうしたことから、染み抜き専門店であっても、門前払いという事が多くなってしまうのです。プロに見放されてしまうと、こちらとしては途方に暮れるしかありませんね。

なすすべない状況になると思います。しかし諦めるのはまだ早いのです。目からウロコの日常使う身近にあるもので、驚く程綺麗に墨汁の黒い染みを抜くことができるのです。

素早く歯ブラシ&歯磨き粉で対処する


歯磨き粉

その身近にあるものとは、歯ブラシと歯磨き粉です。まず、墨の染みが出来たらすぐに水道で水洗いします。この時に、広範囲に擦ると墨が広がってしまいます。水で広がならないように薄めるようなイメージで洗ってください。洗い流したら、歯ブラシに歯磨き粉を付けて、優しく擦ります。

歯磨き粉の研磨剤が、服の中に染み込んだ墨汁を浮かせて綺麗にしてくれます。これは服だけでなく、カーペットや壁などにも応用できますので、試してみてください。まだほんのり墨が残っているようなら、米のとぎ汁の中に漬け込んで、その後洗濯機で洗いましょう。洗濯機で洗う時に、改めて染みの部分に歯磨き粉を付けておくと染みが一層取れやすくなります。

この手順を忘れないで、水→歯磨き粉→擦るという一連の動きをインプットしておくと、いざという時にも慌てずに、機敏な対応ができる事でしょう。
※注意:この方法は多少衣類の繊維を傷める可能性があるので、繊細な素材の衣類の場合はご注意ください。

数時間経過すると意味がない


しかし、ここで注意しなくてはならないのが、墨が付いたら、直ぐに水洗いすることを忘れないことです。時間が経つと歯ブラシのブラッシング力も、歯磨き粉の研磨剤の力も効果激減となってしまいます。染み込んで沈着した墨を落とすのは容易にはかないません。

初動が如何に早く迅速かで、染み抜きの出来栄えが変化するのです。書道のある日は、お子さんに歯ブラシと歯磨き粉持参で、備えるしかないかもしれません。

なるべく早く染みを取ることに徹すれば、真っ黒かった染みもよく見ないと分からないほど、綺麗に落ちますので、習字セットの中に、歯ブラシと歯磨き粉も加えてみてください。手で直に擦るのは染みをより深く浸透させてしまいますので、気を付けてくださいね。
東京都 30代後半女性 naokoさんからの投稿
こちらの記事はアンケートによる原稿を投稿しています。

墨汁の染み抜き 関連記事


ひらめきウソみたい…墨汁の染みがこれで一発で落ちたっ!
ひらめき墨汁まみれのカーディガンを大根おろしでシミを落とす!?


posted by あんちゃん at 09:58 | ├ ハミガキ粉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お醤油の染みはハミガキ粉で叩いて落とす!?裏技

醤油のシミ



醤油が服につくこと、よくありますよね。うちの場合、夫も子どもみたいな食べ方をするので、お寿司を食べると、ほぼ確実に服に醤油が飛んだ染みができています。

衣服洗剤によっては、洗濯にかけるだけで、キレイに落ちる場合もありますが、洗剤次第で染みが残ることも…醤油を愛する日本人ならあるある体験ではないでしょうか。

そんな醤油の染みにオススメなのがハミガキ粉による染み抜きです。用意するのは、ハミガキ粉と歯ブラシ。
ハミガキ粉
これだけです。歯ブラシは、もったいないので使い古したものでOKです。歯ブラシは、お掃除などにもなにかと便利なので、使い終えた歯ブラシをとっておくと良いですね。

ハミガキをするのと同じように、ハミガキする時と同じくらいの量のハミガキ粉を歯ブラシにつけます。次に、これまたハミガキするのと同じように、少しだけ歯ブラシに水を含ませます。このとき、できればぬるま湯にしてください。

次に、醤油染みの憑いた部分を歯ブラシで叩いていきます。強くこすったりすると、衣服の繊維を傷めますし、染みも浮かび上がりにくくなりますので、叩くようにして、ハミガキ粉が染み全体に染みこんでいくようにします。

あとは染みが薄くなるまで、これを繰り返し、染みが浮き出て薄くなったら、ぬるま湯で染みの部分を注ぎ洗いしてあげると…染みがキレイに抜けます。

衣類の繊維を傷つけないよう、ハミガキ粉は研磨剤の入っていないものを使用してくださいね。また、注ぐのが十分でない場合、ハミガキ粉が染みとして残ってしまうことがあるので、キレイに醤油もハミガキ粉も落ちるまで、よく注いでください。

京都府 30代後半女性 nijisalasaさんからの投稿
こちらの記事はアンケートによる原稿を投稿しています。


タグ:ハミガキ粉
posted by あんちゃん at 10:37 | ├ ハミガキ粉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
Tide to go おしっこ おしぼり おねしょ おむつ お客様の声 お湯 ご飯粒 のり みかん みかんの皮 アイロン アルカリウォッシュ アンモニア水 インク ウタマロ ウタマロ石鹸 ウンチ エタノール エンピツ オキシクリーン オキシクリーンマックスフォースジェルスティック オキシドール オシッコ オレンジ カビ カフェラテ カレー カレーライス カンタンナノ カード カーペット ガム ガムテープ クエン酸 クレヨン クレンジングオイル ココア コーヒー サラダ ザウト シャツ シャツのシミ シャンプー シーツ ジャケット ジャム ジュース スパゲッティ スパゲティ スポッとる スモック ソース タバコ ダウンジャケット チョコレート トマト トマトソース トレンチコート ドライヤー ドレッシング ネクタイ ハミガキ粉 ハンバーグソース バター パジャマ ファンデーション ベンジン ペンキ ボールペン ポケット マジックリン マスカラ マニキュア マニュキア マヨネーズ マーガリン ミートソース ラグ ラップ ランチョンマット レモン レモン汁 ロウソク ワイシャツ ワイドハイター 七五三着物 中性洗剤 分泌物 制服 化粧品 卵の殻 口紅 口紅の汚れ 台所用中性洗剤 墨汁 大根おろし 天ぷらそば 天日干し 太陽 小麦粉 応急処置 手荒れ 手間なしブライト 掃除機 木工ボンド 木工用ボンド 朱肉 果汁 染み抜き剤 染み抜き師 歯ブラシ 歯磨き粉 水性ペン 汗じみ 油性 油性ペン 油性マジック 洗剤 洗濯 洗濯石けん 洗濯石鹸 消毒液 消毒用ジェル 液体洗剤 漂白 漂白剤 灯油 炭酸水 焼肉 焼肉のたれ 焼肉ダレ 焼酎 生理 界面活性剤 白ワイン 百合 着物 粉末洗剤 粉末洗剤と液体洗剤 紅茶 絵の具 緑茶 色抜け 色移り 色落ち 花粉 薄力粉 血液 衣類染み抜き 裏技 調味料 赤ワイン 輪ジミ 過酸化水素水 醤油 重曹 鉄サビ 鉛筆 除光液 革靴 靴下 食べこぼし 食べ物 食パン 飲み物 黄ばみ 黒カビ 鼻血