マニキュアの染み抜きの場合には、油性のものであるため、除光液を使います

manicure2.jpg



マニキュアの染み抜きの場合には、油性のものであるため、除光液を使います。種類によってマニュキュアというのは、非常に染み抜きがしにくいことがあります。そのような場合にはクリーニング店に依頼しましょう。

マニキュアなどの染み抜きの場合には…
衣類の染色や素材の状態、染みが付いてからの経過時間などによって、染み抜きの具合が違ってくるので注意しましょう。

マニュキュアの染み抜きの方法についてご紹介します。

@歯ブラシ、染み抜き棒、綿棒などに除光液を付けて、やさしくマニキュアの染みになった箇所をたたきます。



この場合に注意すべきことについてご紹介します。
※除光液を使う場合には、十分に換気を行って、火気に注意しましょう。
※衣類によって、スレや脱色などが発生することがあるため十分に注意しましょう。スレが起きやすいような衣類の時は、綿棒や指などでやさしくマニキュアの染みになった箇所をほぐしましょう。

これでもマニキュアの染みが無くならない場合は、台所用中性洗剤を染みになった箇所につけて手でもみほぐします。

A染みになった箇所を蛇口などの水で簡単にすすぎます。

B染みが無くなれば、衣類に適した方法でそのまま洗濯を行います。
基本的にマニキュアの染み抜きの場合は、一番理想的なのは洗濯を行う前に染み抜きを行うことです。

マニキュアの染み抜きの前に洗濯したり、乾燥したりすると、なかなかマニキュアの染みが取れにくいためだからです。





posted by あんちゃん at 08:06 | └ マニキュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汗じみや黄ばみの効果的な染み抜き方法

sweat.jpg



長年着用していると、気になってくるのがシャツの黄ばみや汗じみではないでしょうか、とくに白系のワイシャツはのあたりや脇部分に、うっすら黄ばみができて、普通に洗濯していてるだけではなかなかとれません。

そこで汗じみや黄ばみをキレイに取る方法を紹介しましょう。

黄ばみの原因となるのは、主に人の体から分泌される皮脂汚れが原因になります。一番汗がでやすい首周りや、脇に黄ばみや汗じみが出るのは当然かもしれません。

皮脂汚れは、普通の洗濯では落ちにくい上に、時間が経つとともに酸化されて、黄ばんでいきさらに染み抜きが難しくなるものです。



そのようなときは、漂白剤の助けを借りましょう。漂白剤は、皮脂汚れの分解作用に効果のあるアルカリ性のもの使うのがベストです。また重曹にも同じ効果がありますので、家にある場合は代用してもよいでしょう。

漂白剤の使い方ですが、汗じみの染み抜き効果が高い、漬けおき方法がオススメです。まず黄ばみや汗じみが気になるパーツに直接漂白剤をつけます。

その後40℃くらいのぬるま湯に、多めに漂白剤を入れてほどよく混ぜて、漬けおきし2〜3時間たった後普通に洗濯をします。

そうすれば汚れが落ちているのが実感できるでしょう。また洗剤のアルカリ成分が衣服に残ってしまい、黄ばみがでることもあります。気になる場合は、すすぎの時に少量のお酢をいれると、よいでしょう。

汗じみや黄ばみの染み抜き、は以上のような方法をとるとよいですね。定期的におこなって衣料を大切に扱いましょう。



posted by あんちゃん at 14:21 | └ 汗じみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻血でついた血液の染みを落とすには?

Nosebleed.jpg



すでに乾いてしまっていることもあるのですが、シミ抜きに挑戦です。

枕カバーなら、枕からはがして、血液の付いている部分の下に乾いたタオルなどを置き、上から濡らしたタオルで、ひたすら叩きます。

タオルでするとしっかり叩けるし、下に落ちる部分もひろえるのでいいのですが、どちらにも血液が移ってしまうので、もう、雑巾におさがりしそうな、汚れてもいいものを使います。

気になるようなら、ティッシュを多めに使って濡らして、タオル替わりでもかまいません。
ひたすら、上からパンパン叩きます。

シミになりたてなら割と早く、乾いていてもしばらく叩いているとこれで結構うすくなっていくと思います。

叩いているタオルと、下にひいたタオルにどんどん血液が移っていきます。

あとは普通に洗濯すればいいのですが、まだうっすらと残っているようなら、漂白剤をつけ、しばらくもみこみ、それから洗濯機で回せば、かなり落ちます。

下にひいているシーツにも鼻血がついていたら、同様にタオルではさんで上からパンパンひたすら叩いています。

はさんで叩いて血液を移した後、漂白剤、普通に洗濯で、血液のシミは落としています。

関連記事


ひらめき 大根おろしで血液シミが落とせるの?はい!ジアスターゼがタンパク質を分解します
ひらめき どうしても落ちない「血」のシミには「アンモニア水」!
ひらめき ただの液体ではないタンパク質を含んだ血液!その染み抜き方法とは
ひらめき 生理のときの血液のシミ
ひらめき 血液の染み抜きに効果のある方法


タグ:鼻血
posted by あんちゃん at 16:12 | ├ 血液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
Tide to go おしっこ おしぼり おねしょ おむつ お客様の声 お湯 ご飯粒 のり みかん みかんの皮 アイロン アルカリウォッシュ アンモニア水 インク ウタマロ ウタマロ石鹸 ウンチ エタノール エンピツ オキシクリーン オキシクリーンマックスフォースジェルスティック オキシドール オシッコ オレンジ カビ カフェラテ カレー カレーライス カンタンナノ カード カーペット ガム ガムテープ クエン酸 クレヨン クレンジングオイル ココア コーヒー サラダ ザウト シャツ シャツのシミ シャンプー シーツ ジャケット ジャム ジュース スパゲッティ スパゲティ スポッとる スモック ソース タバコ ダウンジャケット チョコレート トマト トマトソース トレンチコート ドライヤー ドレッシング ネクタイ ハミガキ粉 ハンバーグソース バター パジャマ ファンデーション ベンジン ペンキ ボールペン ポケット マジックリン マスカラ マニキュア マニュキア マヨネーズ マーガリン ミートソース ラグ ラップ ランチョンマット レモン レモン汁 ロウソク ワイシャツ ワイドハイター 七五三着物 中性洗剤 分泌物 制服 化粧品 卵の殻 口紅 口紅の汚れ 台所用中性洗剤 墨汁 大根おろし 天ぷらそば 天日干し 太陽 小麦粉 応急処置 手荒れ 手間なしブライト 掃除機 木工ボンド 木工用ボンド 朱肉 果汁 染み抜き剤 染み抜き師 歯ブラシ 歯磨き粉 水性ペン 汗じみ 油性 油性ペン 油性マジック 洗剤 洗濯 洗濯石けん 洗濯石鹸 消毒液 消毒用ジェル 液体洗剤 漂白 漂白剤 灯油 炭酸水 焼肉 焼肉のたれ 焼肉ダレ 焼酎 生理 界面活性剤 白ワイン 百合 着物 粉末洗剤 粉末洗剤と液体洗剤 紅茶 絵の具 緑茶 色抜け 色移り 色落ち 花粉 薄力粉 血液 衣類染み抜き 裏技 調味料 赤ワイン 輪ジミ 過酸化水素水 醤油 重曹 鉄サビ 鉛筆 除光液 革靴 靴下 食べこぼし 食べ物 食パン 飲み物 黄ばみ 黒カビ 鼻血


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。